明日は雪になりそうなので、アラジン石油ストーブを試運転。

20121130-01.jpg

 青い炎がきれいです。
効率よく燃えると青い炎になります。

少しずつ芯が燃えて短くなっていきます。

今年はこの芯で乗り切れそうです。

 

20121130-02.jpg

 使っていると、

黒い墨のような芯の燃えカスが、炎の根元に残ります。

その燃えカスを、付属の芯カッターで削り取り新しい断面を作ってあげます。

 

そうすると、いつまでもきれいな炎で、いやなニオイも少なく快調な状態を保ちます。

 意外にメンテナンスが大変(楽しい)なのと、あまり暖かくないのがアラジンストーブの特徴です。